このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
大槌ジビエソーシャルプロジェクト

岩手県大槌町から創造・発信する
大槌ジビエ
ソーシャルプロジェクト


鳥獣被害の持続的解決を目指します。
「シカは害獣です」と言われると、ちょっと悲しい気がします。
でも「シカは『まちの財産』です」とみんなが⾔えるようになればどうでしょう?
豊かな森が育てた獣たちは、美味しい⾁にも、素敵な⾰細⼯にも、⼈を魅了する⾃然体験ツアーのきっかけにもなるかもしれません。
⼤槌ジビエソーシャルプロジェクトは、個⼈や企業、その他多くの⼈たちが持っている知恵や技術を活かし、「害獣を財産に変える」ジビエサイクルを⽣み出していきます。

大槌ジビエソーシャルプロジェクトが生み出す
『大槌ジビエサイクル』とは?


全国各地で、そして岩⼿県⼤槌町でも社会的課題となっている鳥獣被害。
この課題を地域の財産へと変えていくための挑戦が「大槌ジビエサイクル」です。その根底には、ハンター達に受け継がれてきた「命への感謝」という思いがあります。シカを狩猟するハンターから⾷⾁加⼯事業者へ、革や⾓はクラフト作家へ提供、これらの商品・作品を⼤槌のストーリーとともに特設の通販サイトで消費者へお伝えします。さらに興味を持った人たちが現地へ足を運べるジビエツアーを開催し、参加者がそれぞれの地域に持ち帰り、その地域における新たな取り組みや、ハンターの育成へとバトンをつなげられるような、好循環を⽣み出していくことを⽬指します。各地で頑張っている個々人だけでは決して実現できない課題解決へ、協働(パートナーシップ)によって相乗効果を⽣み出すジビエサイクルの輪を広げていきます。


大槌ジビエの特徴
三陸の海に面した大槌町の背後に広がる森には、ミズナラ、コナラ、クリといった実を豊富につけるブナ科の樹々やササの群生地も多く、生物多様性のレベルでも高い評価を得ています。このような恵まれた自然環境で育った大槌のニホンジカは大型のものが多く、肉質も柔らかく、旨味がしっかりとした味わい深い高品質なジビエ肉とされています。
プロジェクトのはじまり
全国各地で年々深刻化する鳥獣被害。その被害が原因で農業を断念する人が増えています。
2017年より「ジビエ」に関わる社会的課題を持続的な仕組みで解決するため、有志のメンバーで『大槌ジビエ勉強会』を行ってきました。大槌ジビエソーシャルプロジェクトは、40回を超える会議の中で議論・検討されてきた「大槌ジビエサイクル」を実現するためにはじまった、町と民間が連携した社会的なプロジェクトです。
プロジェクトの輪を全国に!
あらゆる地域課題の解決に向けて、いっしょに取り組んで行くために、私たちは情報や技術の提供を積極的に行います。高齢化が進んでいるハンターの体験・育成のための「体験塾」や大槌ジビエの魅力を体験できるツアーも行なっています。お気軽にお問い合わせください。
プロジェクトの輪を全国に!
あらゆる地域課題の解決に向けて、いっしょに取り組んで行くために、私たちは情報や技術の提供を積極的に行います。高齢化が進んでいるハンターの体験・育成のための「体験塾」や大槌ジビエの魅力を体験できるツアーも行なっています。お気軽にお問い合わせください。

受賞歴


「新しい東北」復興ビジネスコンテスト2020優秀賞
プロジェクトがスタートしてから約半年で、復興庁が主催する「『新しい東北』復興ビジネスコンテスト2020優秀賞」を受賞しました。社会課題解決に向け、大槌町の皆さんと2年半に及ぶ地道な勉強会を重ね結実した過程や、「ポケットマルシェ」での着実な実績が評価されました。
第5回ジャパンSDGsアワード
特別賞(令和3年度)
様々な強みを持った関係者が「協働・パートナーシップ」を結ぶことで持続的に相乗効果を生み出す「ジビエサイクル」によって、地域資源であるシカを有効活用するモデル、そして、それが小規模自治体のロールモデルになり得る点が評価され、「第5回ジャパンSDGsアワード特別賞」を受賞しました。
第4回日本国際観光映像祭 日本部門
優秀作品賞(令和4年度)
~三陸・大槌の自然を体感し、ジビエを通じて命を学ぶ~をキャッチコピーとして、2021年から本格的に始まったテーマ型の観光事業『大槌ジビエツーリズム』。このジビエツーリズムの様子と三陸の自然、「参加者の感想」・「ツーリズムのコンセプト」・「スタッフからのメッセージ」をのせた動画が、第4回日本国際観光映像祭において『優秀作品賞』を受賞しました。

第5回ジャパンSDGsアワード
特別賞(令和3年度)
様々な強みを持った関係者が「協働・パートナーシップ」を結ぶことで持続的に相乗効果を生み出す「ジビエサイクル」によって、地域資源であるシカを有効活用するモデル、そして、それが小規模自治体のロールモデルになり得る点が評価され、「第5回ジャパンSDGsアワード特別賞」を受賞しました。

我々が取り組む
SDGs×ジビエ



獲る・食肉加工する

北上山地でドングリなどの実をたっぷり食べたシカは
大型で上質な肉質のシカに育ちます。
MOMIJI株式会社では、
3歳以下のオスまたは4歳以下のメスのシカのみを選別し、
銃によって捕獲。

素早い血抜きと工場搬入により、
「旨味」「柔らかさ」「臭味のなさ」を実現した
質の高い鹿肉を生産しています。

角・革から作品をつくる

大槌ジビエレザー

大槌のシカを、余すところなく価値のあるものへ…

シカ革は布のように柔らかく手触りの優しい素材です。

そんなシカ革を使って作品作りをしてくれる仲間を探しています。
実際にシカ革を触ってみたい方には、レザークラフトのワークショップ、道具の貸し出しを実施しています。

大槌ジビエのふるさとを知る

大槌ジビエツーリズム紹介動画

【参加申込み受付中!】大槌ジビエツーリズム 

大槌ジビエツーリズムでは、
狩猟とジビエに触れてみたい、ハンターの技術を習得したい、実際の捕獲を間近で体感したい、など、お客様のご要望に合わせて様々なプランをご用意しております。
お子様でも参加していただけるプランもございますので、食育や自由研究にもぴったりです!
ジビエと狩猟を通して、「命を獲って食べる」という日々の営みを見つめなおしてみませんか。

体験内容
・若手ハンターとプチ狩猟体験&ジビエBBQランチ
・アニマルトラッキング&大槌鹿と海の幸のBBQ
・ハンター直伝!解体体験&大槌鹿と海の幸のBBQ
・プロハンターによる狩猟同行&大槌鹿と海の幸のBBQ
日帰りプランと1泊2日プランをご用意しております。

大槌ジビエソーシャルプロジェクトコミュニティ

OGSP COMMUNITY

「『害獣』を『まちの財産』に。」を合言葉に。
野生鳥獣との間に生じる課題と日々向き合っている OGSPメンバーと一緒にプロジェクトを企画、運営していただけるメンバーを若干名募集します!
参加形態は、プロボノ形式で、活動はオンラインがメインとなります。
目的
  • ジビエを通じて大槌町の関係人口、移住者の創出を目指します。

やる事
  • クラウドファンディングの企画、実行ジビエ、大槌町の資源を活用した企画など地域と人を繋ぐ企画立ち上げ、運営オンライン飲み会、座談会などの企画

得られる経験
  • コミュニティ立ち上げの経験
  • コミュニティを運営する経験
  • 企画立ち上げ、実行、推進する経験
  • 地域との繋がり、人脈

ハンターを目指す

岩手ハンター育成プロジェクト2022

「狩猟免許を取ったけど現場に出るにはどうしたらいいの?」という方の次の一歩をサポートします!

●岩手県内に居住している方
●狩猟免許を所持しているが、まだ獲物を捕獲したことがない方
●今後シカ猟を本格的に始めたいと考えている方
●未経験者・女性・狩猟初心者を歓迎します!
●猟銃を所持していない方も歓迎です!

道具の選び方、山の選び方、現場での猟銃の取扱いやわなの設置の仕方について一緒に学びましょう!

獲ったシカを美味しく衛生的に解体する方法についても学ぶことができます。

講演会
教育旅行受入

まずはご相談下さい!

講演会

企業様・各種団体様に向けた講演会をご要望に応じて開催いたします。
目的をヒアリングした上で講演会内容をプランニングいたします。
日程の調整も可能です。

教育旅行受入

教育旅行のプログラムの一つとして、大槌ジビエソーシャルプロジェクトの活動内容やどういう思いで取り組んでいるか等、お話させていただきます。他にも、楽しく学んでいただける内容をご用意しています。

教育旅行受入

教育旅行のプログラムの一つとして、大槌ジビエソーシャルプロジェクトの活動内容やどういう思いで取り組んでいるか等、お話させていただきます。他にも、楽しく学んでいただける内容をご用意しています。

問い合わせ・申し込みはこちらから

ジビエ事業立ち上げを目指す

視察受入のご案内

ソーシャル・ネイチャー・ワークスでは、ジビエ事業全般に関する視察を受け入れています。
視察の内容、料金、申込等に関するご案内はこちらからご確認ください。

お問い合わせ

大槌ジビエソーシャルプロジェクトの活動、事業に興味を持たれた方は下記よりお問合せください。
折り返しご連絡致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

イベント出店

 ◆キッチンカーでイベント出店しています!◆

まずは、大槌鹿を手軽に食べてもらいたい。
そして、その美味しさを知ってもらいたい。
知ってもらう『きっかけ』の場を提供するため、
キッチンカーで伺います。
出店情報は、Facebook、Instagram、Twitter、LINE公式アカウント等でも随時お知らせしております。

うちのイベントに来てほしい!そんなご相談承ります。
下記問い合わせまでご連絡ください★

【問い合わせ先】
MAIL:satomi@socialnatureworks.com
TEL:080-4514-0265
担当:藤原悟美

イベント出店情報

第2回
岩手大槌サーモン祭り

6月12日(日)9:00~14:00
@海づくり記念公園(株式会社伊藤商店付近)
材木町よ市
5月20日(土)15:10~18:30
@盛岡市材木町
材木町よ市
5月20日(土)15:10~18:30
@盛岡市材木町
過去の出店イベント
2022年

おしゃっち4周年 感謝DAY 6月19日 についてはこちら

岩手大槌サーモン祭り&大槌町郷土芸能祭 6月12日 についてはこちら

道の駅「遠野風の丘」 6月4日~5日 についてはこちら

イオンスーパーセンター金ヶ崎 三陸復興マルシェ 5月20日〜22日 についてはこちら

盛岡市材木町 よ市 5月21日 についてはこちら

道の駅「たのはた思椎の風」1周年記念大感謝祭 4月24日 についてはこちら

イオンスーパーセンター釜石 三陸復興マルシェ 3月10日〜13日 についてはこちら

三陸鉄道 冬の味覚ツアー 1月27日 についてはこちら

2021年

おおつちまるごと復活祭り 
11月13日 についてはこちら

大槌ジビエフェア「ベアレンビール」×「大槌鹿料理」のコラボ 
10月11日~10月24日 についてはこちら

三陸花火競技大会in陸前高田 10月9日 についてはこちら

ミナミdeいわて三陸市「大槌町物産販売」
9月30日~10月1日 についてはこちら

おかえり気仙マルシェ@陸前高田 
7月22日~24日 についてはこちら

大槌孫八郎商店オープン記念イベント 
7月11日 についてはこちら

いわて・大槌 夏の特産品フェア@銀座
 7月1日~5日 についてはこちら

道の駅 遠野風の丘 創業感謝祭@遠野 6月26日~27日 についてはこちら

楽天 がんばろう東北シリーズ復興マルシェ@仙台 6月18日~20日 についてはこちら

岩手大槌サーモン祭り 6月13日 についてはこちら

おしゃっち3周年祭 6月6日 についてはこちら

いわて三陸食のおもてなしマルシェ@陸前高田 5月15日 についてはこちら



大槌ジビエソーシャルプロジェクトの最新情報

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

大槌ジビエソーシャルプロジェクトの進捗状況や、(株)ソーシャル・ネイチャー・ワークスからのお知らせを配信しております。ジビエに興味のある方、ハンター、岩手県大槌町ってどこ?・・・などなどの情報はこちらからどうぞ。

パートナー

運営事務局

株式会社 ソーシャル・ネイチャー・ワークス
〒028-1104 岩⼿県上閉伊郡大槌町新港町2番地 TEL 080-3192-6932